sakasa 1st EP『Triangle』12/18(Fri) Release!!



Triangle

多彩で芸術的、ドラマティックな楽曲をギタリスト山田 奏士、ベーシスト長谷川 Jackal 慧人、ドラマー浅香良介 のメンバー3人でプロデュースし、作り上げた『Triangle』。初のアルバムである本作は、ロック、ポップス、ジャズ、ファンク、ラテンなど様々なジャンルから影響を受けたsakasaが、ロックサウンドとアコースティックサウンドを掛け合わせ独自の新しいサウンドへと昇華している。


Triangle is an album of diverse, artistic and dramatic songs produced by three members: guitarist Soshi Yamada, bassist Keito Hasegaw and drummer Ryosuke Asaka. In this first album, sakas, influenced by various genres such as rock, pop, jazz, funk, and Latin, mixes rock sounds with acoustic sounds and sublimates them into a new sound of their own.



1.Closet

エレクトロの要素を取り入れた一曲。ジャジーなコード進行から繰り出される電子音はアナログを感じさせる。


1.Closet

The song incorporates electro elements. The electronic sounds that emerge from the jazzy chord progression evoke an analog feel.

2.水と魚

緊張と緩和をテーマに制作された。ドラマチックなメロディと展開が”水と魚”の世界へと引き込むだろう。


2.Water and Fish

Created on the theme of tension and relaxation. Dramatic melodies and development will draw the audience into the world of "water and fish".

3.90°

それは曲がり角。スピード感と展開、ラストに畳み掛けるエモーショナルなフルートが楽曲をフィナーレへと導く。


3.90°

It is a turning point. A sense of speed and development, and an emotional and aggressive flute presented at last part, lead the song to its finale.

4.雨模様

独自の視点、様々な角度から雨について考え、制作された一曲。マリンバが雨音を演出。


4.Rainy weather

A song created from a unique perspective, thinking about rain from various angles. The marimba brings out the sound of rain.

5.折鶴(Triangle version)[feat. Kan Sano]

Origami Home Session のプロジェクトにおいて制作された一曲をリレコーディング。フューチャリングはキーボーディストでプロデューサーの鬼才、Kan Sano。


5.Orizuru

Re-recording of a song created for the Origami Home Session project. Featuring Kan Sano, a prodigious keyboardist and producer.


6.指南

ロックでありながらファンキー。メロウな雰囲気とリズミカルなグルーヴが様々な形に展開する



6.Shinan

Rock yet funky. Mellow atmosphere and rhythmic grooves develop in various forms.